1. Top
  2. » 赤石小説
バナーはご自由に

綺麗なお姉さまは好物です

バナーblog 20040minagiri2008.jpg
株式会社ゲームオン


RED STONE 公式ブログ


当サイトで利用している画像及びデータは、
株式会社ゲームオンに帰属します。
許可無くご利用又は転用する事は出来ませんので、予めご了承下さい。
©2009 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights Reserved.
©2009 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

毒闇悪魔と支援BIS⑥

赤石小説 毒闇悪魔と支援BIS
最初から読みたい人は こちらの①
ひとつ前の話は こちらの⑤


毒闇悪魔と支援BIS⑥(完)

私はぐずぐずと移動せずにいた。
自分で言った言葉、「金輪際会わない」と。
本当にそれでいいのかと後ろ髪引かれる思いだった。
思い返してみた。
私は悪くないだろう。
では彼女が一方的に悪いのだろうか。
普通の男なら、抱きつかれたら、さぞ喜んだんじゃないか。
私だって、そう・・・。
嫌で不快なことをされたわけではない。
素直に喜ぶ余裕が無いだけだったのでは?

» 続きを読む

スポンサーサイト

毒闇悪魔と支援BIS⑤

赤石小説 毒闇悪魔と支援BIS
最初から読みたい人は こちらの①
ひとつ前の話は こちらの④


毒闇悪魔と支援BIS⑤

恐怖に見開かれた悪魔さんの目を見て胸のすく思いだった。
闇の力を操る悪魔は思ったとおり、光の属性に弱いらしく、彼女が逃げ腰になっているのが分かる。
それがいい気味で光のオーラを見せ付けた。
抵抗をしようとする彼女を翼で囲い込もうとするたび、お互いの距離は縮まり、ほどなくゼロになった。
密着する体。
背けようとする彼女の顔の顎に手をかけ、くいと持ち上げ、その怯えるさまを観察して優越感にひたった。

» 続きを読む

毒闇悪魔と支援BIS④

赤石小説 毒闇悪魔と支援BIS
最初から読みたい人は こちらの①
ひとつ前の話は こちらの③


毒闇悪魔と支援BIS④

 とっさに振りほどくと勢いのままに彼女を後方へ突き飛ばした。
手加減などする余裕はまったく無い。
「キャッ!」
彼女はどっと地面にしりもちをつく。
「い、痛ぁ・・・」
腰をしたたかに打ったようで、うずくまってしまった。
「大丈夫ですか?!」
すぐさまフルヒーリングを放つ。

Σ ハッ 違っ!

怪我人を前に脊髄反射で回復している場合か。
うめくように悪魔さんは言う。
「BISさん・・・・ヒドすぎる・・・;;」
「ちょっと待ってよ、俺が悪いのか?!」

» 続きを読む

毒闇悪魔と支援BIS③

赤石小説 毒闇悪魔と支援BIS
最初から読みたい人は こちらの①
ひとつ前の話は こちらの②

 毒闇悪魔と支援BIS③

あわあわとする私に、悪魔さんは小首をかしげた。
「・・・?」
キョトンとしている。
あたってるの、気づいてないのか?
さっきはあんなに恥ずかしがっていたというのに。
私は混乱しながら崩れそうになる表情を真顔に戻し、平静を装うことに集中した。

» 続きを読む

毒闇悪魔と支援BIS②

赤石小説 毒闇悪魔と支援BIS
最初から読みたい人は こちらの①

毒闇悪魔と支援BIS②

「え?え?なんで><」
「た、耐久力が。」
あ!DX鎧の耐久力がゼロになって・・・それで壊れてしまったのか。
「すっすみません!」
「そんな>< BISさんが悪いわけでは><」
「壊れちゃったらどうしようも無いですね。」
「替え装備持ってないし・・・」
「待ってて。」


» 続きを読む

毒闇悪魔と支援BIS①

以前ギルドのイベントの賞品(みなぎり賞)として、金目のモノを持たないみなぎりがトンチを利かせて提供した お色気小説は、結局お蔵入りになっておりまして。
そのまま蔵で熟成させているうちに腐臭が漂うほどに発酵が進んでいます。
大型アップデートをはさんでしまったので。なんか出てくる小道具(回復系アイテム)に違和感を感じたり。

blogネタには事欠かないどころかドンドンとノルマ(記事用に撮ったss)が蓄積している状態なのですが、それを加工し文章つけていると、赤石で狩りができないんですよ。
んで今日は久しぶりに狩りいっぱいしてみました。
だから新たなblog記事書く時間はもう、ございません。寝る時間です。
よぅし 今こそ リサイクルする時だ  蔵より 出でよ!
お色気シーン完全カット☆無エロ小説!!!
ハイ そこ、あからさまにガッカリしない。
無エロ・微エロ・激エロと書き分けて作ったのら。 全部蔵ん中で眠ってたのら。
(´Д`*)ハァハァ入りの方なんざ載せたらファンサイトどころかこのblog自体●●禁的な制約かけられるっちゅーの。
「毒闇悪魔と支援BIS①」は前回の記事の冒頭部分と同じです。多少校正してますが。カブリ記事でごめんなさい。
間髪いれず②はアップします。

※諸注意
なお、無エロ(プラトニック?)といえども、もともとアレ的なものを書くベースの物語で、そういった類のソレやコレを示唆する表現が出てきます。
そういのが(*ノωノ) イヤンな方は読まないほうがいいです^^


赤石小説
 毒闇悪魔と支援BIS①


 私は支援BIS。
愛と慈悲の聖職者を目指してまだまだ修行中の身である。
BISさんBISさんといつも皆が職名で呼ぶため、危うく自分でも自分の名前を忘れてしまいそうだ。

古都で納骨秘密PTを募集していて、難なく入れてもらえた。
フィールド属性ペナルティが凄まじいガダームギガス寺院の秘密は、BIS必須なので就職は楽だ。
それだけ役割が重要ということ。
今日は2BISのようで、だいぶん楽ができる・・・はず。

替えのスキル装備や物資、いろいろ持ち物が多くて鞄が重い。
他職を募集の間に用意を整え、現地に向かった。
古都西口を通りかかるだけで「支援おね」の声が飛んでくる。
迷っていると耳打ちされてまでねだられた。
立ち止まって一人にかけると、我も我もと増えてくる。
「おね」「おね」の嵐。
恩を着せるわけではないが、礼も言わずに大半が狩場に走っていく。
かけて当然とばかりに頼む態度も横柄だし・・・。
エンヘイを粉吹きながら配っているWIZさんと目が合って苦笑いをした。
このままではラチがあかない、振り切って走り出した。
がんばれWIZさん、あとは頼んだ。

» 続きを読む

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
プロフィール

悪魔のみなぎり

Author:悪魔のみなぎり
陽鯖の悪魔みなぎりと申します。

現在みなぎりは倉庫キャラに近く・・・。
メインとサブの悪魔達が狩りをがんばってます。
RedStone 09.01.11[42]
弟のアクセルはヘタレシフ。

RedStone 11.03.10[03]
攻城で紋章を守るため誕生したみなぎりの妹分、闘士の満凪(みなぎ) 乳レンジャイの一員。

カテゴリ
コメントありがとうです^^
サイト&blog

お世話になってます!

このブログをリンクに追加する

スキル・狩りの個人的見解

悪魔のスキル・ネクロのスキルで取り上げたモノ、その他モロモロの過去記事  投稿予定記事

月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。